Welcome to my homepage

過食症とは

過食症とは食べることがやめられない、食欲をコントロールできない病気です。異常な食事を繰り返し、嘔吐してしまします。食べている間は無心になっていて、一気に相当な量を食べてしまい、食べ過ぎた分を吐き出すことが多いようです。

自律神経のバランスが崩れていることが多いので、精神疾患も伴います。食べてしまったことへの後悔や自分のスタイルへのコンプレックスが自己嫌悪の負のループへとひきずりこんでしまいます。

その結果食べたことをなかったことにしようと指をいれて吐き出します。過食嘔吐と呼ばれ、見た目でわかりにくいのが問題です。また吐くことになれると楽に吐けるようになってしまいます。しかし、体はぼろぼろです。食堂に炎症が起こったり、歯が弱くなってしまいます。

症状がコントロールできないことが最大の問題で、モヤモヤした気持ちやストレスがたべることで一瞬発散されているように感じます。自分を麻痺させている状態で、食べ終わると罪悪感に苦しみます。うつ病を発症する人も多いので、深刻化するケースが多いと言われています。

とくに若い女性は過食症になりやすく、自分の体型に敏感です。痩せていてももっとやせなければいけないという強迫観念で吐いてしまうようです。女性には見た目のコンプレックスも重くのしかかり、思春期にはとくに顕著にあらわれます。自分では止められないので、周りが気づくことが大切です。また、今はそんなことにはならないと思っていても、ふとした出来事から過食症になることもあります。失恋や進学、就職の失敗です

ストレスのはけ口として食べることはよくあることです。少しの量なら構いませんが、食欲をコントロールできなくなると病気です。早めに病院へ行きましょう。また気持ちがふさぎこんでいるなどの症状があらわれたら、誰かに相談することが必要です。

ストレスを貯めるくらいならたまにはゆっくり休暇を満喫してくださだい。もしあなたが専業主婦の場合でもお金を借りることができます!専業主婦 カードローン

この病気は重症化しやすく、命の危険もあります。ただの食べ過ぎと考えず、真剣に向き合って治療してください


▲pagetop